Author archives: admin

靴のサイズ調整

革靴革靴を履いた時に、足が窮屈だったり疲れやすかったりするのは、靴にすべての原因があります。足のサイズに合わない靴は、足元のトラブルを招くことが多く、長時間履き続けるのは非常に困難だと言えるでしょう。しかし、窮屈でサイズの合わない革靴は、自分で治すのは難しく、かといって大きめのサイズは、足がぶかぶかになり非常に歩きづらくなってしまいます。

紐付きタイプの革靴は、結びの紐をしっかり締めることによって、靴の幅を緩めることができますが、紐のないタイプや先端が狭いといったタイプでは、解決策にはなりません。実はこうした、革靴のサイズ調整は、専門店へ持ち込めば解決することもあり、靴修理などの専門店に、サイズ直しの依頼をすることが可能です。意外にも、こうした革靴のサイズ調整は、簡単に行うことができ、幅出しと呼ばれるストレッチを行うことで解決出来ることも多いです。

サイズ調整は、専用の機械を用いて強制的に横幅を延ばす方法や、靴の中に直接金型を入れ、時間をかけながらゆっくりと広げていくという方法をとります。また、以上のようなサイズ調整のほかにも、靴に不安があれば、こうした専門店で相談すると、意外に早く解決することがあります。(参照リンク…靴専科 / 靴修理専門



合わない靴のトラブル

人類の歴史の中で、この世のすべてのものは淘汰され、使いやすく便利なものになり替わってきましたが、革靴の世界は職人たちの存在がとても大きく、こだわりを持った技術が引き継がれ、昔ながらの作り方で作られています。しかし、現在では残念ながら、オーダーメードで靴を作ることは一般的ではなく、機械による量産体制がととのえられている為、既製品の靴を購入するのが、ごく当たり前のこととなってきました。

外反母趾これらの既成の靴は、自分の足の形にぴったりとフィットすることは少なく、そのためさまざまな足のトラブルを招くことになってきます。靴が合わないせいで、足のトラブルの中で多いのは、外反母趾などがよく知られており、足の指の関節が曲がってしまい、激痛などの症状がでることがあります。

また、形やサイズの合わない革靴で、靴ずれを起こすことはよくあり、靴とすれあう部分がたことなってしまう場合もあります。意外なことですが、靴と人の健康は直結したものであり、見た目がかっこいい、可愛いからと言って、きつい靴や歩きにくい靴ばかりを履いていると、知らないうちに体調を崩すことや、足や腰の関節に変調を来してしまう恐れがあるのです。腰痛や関節痛などの原因にもなりかねない軽視することができない問題と言えます。



靴修理と靴進化の歴史

靴職人靴の歴史は、紀元前からとされていますが、古代の人たちは怪我を防ぎ足を守るためにも、その保護を目的に靴は道具の一つとして使われました。当初は植物や動物の皮などを使い、保護目的に利用されてきた靴ですが、文明が栄えるとともに、靴の世界も大きな転機を迎えることになります。現在の、革靴のようなスタイルが生まれたのは、15世紀のヨーロッパとされています。

これは、ラストと呼ばれる木型を使うことで、左右それぞれにフィットする革靴が作られ、靴を補強するためにパーツが生み出され、それによって様々なデザインが登場してくることになります。もちろん、こうした足にフィットする革靴に、革靴職人の存在は欠かすことはできませんが、その時代は我々が思う以上に多くの革職人が活躍していたのです。当時は、私たちの周りで、ごく当たり前に利用されているプラスチック製品のような便利なものはなく、すべて手作り製品によって加工されていました。

動物の皮は非常に丈夫で、なめすことで長持ちし、様々な形に加工できることから、革靴以外にも馬具・カバン・衣類・手袋・帽子・日用雑貨・水筒などと、修理も比較的容易で非常にポピュラーな素材だったのです。次第に、他に強くて丈夫な素材へと、とって代われる事となりますが、古今東西良い品は永遠不滅で、革靴の世界も機械化されてきたとはいえ、職人が木型から作り出す昔本来の革靴や靴修理も、いまだクオリティーの高さを誇っています。