革靴革靴を履いた時に、足が窮屈だったり疲れやすかったりするのは、靴にすべての原因があります。足のサイズに合わない靴は、足元のトラブルを招くことが多く、長時間履き続けるのは非常に困難だと言えるでしょう。しかし、窮屈でサイズの合わない革靴は、自分で治すのは難しく、かといって大きめのサイズは、足がぶかぶかになり非常に歩きづらくなってしまいます。

紐付きタイプの革靴は、結びの紐をしっかり締めることによって、靴の幅を緩めることができますが、紐のないタイプや先端が狭いといったタイプでは、解決策にはなりません。実はこうした、革靴のサイズ調整は、専門店へ持ち込めば解決することもあり、靴修理などの専門店に、サイズ直しの依頼をすることが可能です。意外にも、こうした革靴のサイズ調整は、簡単に行うことができ、幅出しと呼ばれるストレッチを行うことで解決出来ることも多いです。

サイズ調整は、専用の機械を用いて強制的に横幅を延ばす方法や、靴の中に直接金型を入れ、時間をかけながらゆっくりと広げていくという方法をとります。また、以上のようなサイズ調整のほかにも、靴に不安があれば、こうした専門店で相談すると、意外に早く解決することがあります。(参照リンク…靴専科 / 靴修理専門